service

ご利用の方へ

児童発達支援

対象:未就学児(小学校入学前)までの発達障がい等を持つお子様

発達支援が必要なお子様が成長をしていく過程の中で「体を上手に動かせない」「集中できる時間が短い」「集団での活動が苦手」「上手くコミュニケーションが図れない」「言葉の遅れがある」「手先が少し不器用」など、不安を抱える親御さんも多いのではないでしょうか。

そのような不安に対し、個別療育では日常生活関連動作練習(書字や箸の練習、衣服や靴の着脱など)や運動療法を提供し苦手の克服や得意な部分を伸ばす支援を行っています。

集団療育では、場所・時間・活動内容などを設定し、その設定された環境下でルールを 守る練習をし、集団で生活を送っていく為の協調性を身に付けていきます。

放課後等デイサービス

対象:小学校1年生から高校3年生までの発達障がい等を持つお子様

発達支援が必要なお子様、小学生から高校生と幅広い年齢層が対象になっていますが、それぞれのライフステージで必要となる学習支援・社会生活適応の為のトレーニングなどを行います。

私たちが目指しているのは、自分らしさを発揮し、いきいきと自立した生活を継続していくための力を身に付けて頂くことです。その為に必要な生活スキルを遊び・コミュニケーションを通して獲得できるよう支援し、家庭や学校などの関係機関の方々と連携を図っていきます。