nursing

療育の三本柱

一人ひとりに合わせその子の未来を考えた療育を
※療育とは障害のある子どもの発達を促し、自立して生活できるように援助することをいいます。

「太陽のリハげんき」では、お子さまの「できる」を増やしサポートします
リハビリ専門スタッフ「理学療法士(PT)・作業療法士(OT)」など、保育士と一緒に運動や学習、言葉のトレーニングを通してお子さま一人ひとりに合わせた個別・集団療育に専念しています。

① 運動プログラム

筋力や柔軟性、バランス機能や感覚機能の向上を目指します。

② 学習プログラム

就学前の学習の準備や学校で出る宿題などの支援を行います。

③ 社会性の構築

集団や個別で実施する活動の中で、生活していく上で必要なルールやマナーを取得したり、心豊かな人間性の向上に努めます