お知らせ

お知らせ

 作業療法士についてのご紹介

6/1オープンより半月が経過しました。

オープン前より見学の受付を開始したことにより順調に児童が増えてきました。

お問い合わせをいただいた方、ご利用をスタートして下さった方へ感謝を申し上げます。

「太陽のリハげんき」では「理学療法士(1名)・作業療法士(1名)」計2名が常勤で在職しています。

 

「太陽のリハげんき」の作業療法士についてご紹介します。

「作業療法士が考える『生活動作』と『遊び』のアイディア」

遊びには、子どもの運動機能や知的機能の発達だけでなく、情緒や社会性を育むために重要な要素がたくさんあります。

遊びは、子どもにとって生きることそのものであり、好奇心を持ち実際にやってみて成功した喜びが、子どもの成長にとって大切なことです。

子どもは、外界の興味のあるものに対して自発的に運動機能や感覚を使って働きかけ、探索・探求しながら、得られる情報や経験を積み重ねて成長・発達を遂げていきます。

運動機能や感覚などの発達に偏りを持つお子さんは、自ら環境に働きかける ことや情報を環境から得ることが苦手です。

そのため、姿勢を保つことや身体の使い方、物や道具の操作、物と人との関係性を構築することに難しさがあります。

小児領域に携わる作業療法士は子どもたちが発達にとって適切な情報を自発的に取り入れ、経験し、成功体験を積むことのできる遊びや作業活動などの課題を日々工夫し、実践しています。

 

児童発達支援

未就学児(小学校入学前)までの発達障がいなどを持つお子様、発達支援が必要なお子様

放課後等デイサービス

小学校1年生から発達障がいなどを持つお子様、発達支援が必要なお子様

■言葉が遅い ■発育が遅いと言われた ■集団行動が苦手■じっと話を聞いていられない ■友達と遊べない ■絵や図が描けない
■集中力が続かない ■すぐに怒る
お一人で悩まず私たちにご相談ください!お待ちしております。

お気軽にお問い合わせください!

「見学会・無料体験・相談会」開催中!

 

送迎エリア:春日市・大野城市・大宰府市・那珂川市・福岡市(南区・博多区※一部)

福岡県の児童発達支援・放課後等デイサービス

「太陽のリハげんき」たいようのりはげんき・太陽のりはげんき

発達障がい・自閉症・ADHD・LD・アスペルガー

「運動学習特化型療育」