ブログ

ブログ

7/16「太陽のリハげんき」さんさんだより

「太陽のリハげんき」児童発達支援

本日は理学療法士が課題を評価し療育を行いました。※個人によって課題が異なります。

輪投げでは輪を下から握る。的に向かって輪を押し出す。手を放す。

といった動作を同時に行いました。「~しながら○○をする」という異なる動作が出来るようになると遊びの幅が広がります。

運動遊びでは跳び箱の上によじ登って方向転換。高さのある場所での

方向転換はバランスを取るのが難しく初めは怖がっていましたが繰り返し取り組む事で上手に出来るようになりました。

「太陽のリハげんき」放課後等デイサービス

本日は理学療法士が課題を評価し療育を行いました。※個人によって課題が異なります。

・筆圧のコントロール(漢字の練習)

筆圧の調整ができることで間違えても消しやすく疲れにくくなるので集中力も持続しやすくなります。

・まねっこゲーム(ボディーイメージのトレーニング)

・ビジョントレーニング(視覚情報処理能力の向上)

イラストが描かれたシートを見本にしながらリズミカルにポーズを作っていきます。

・宿題

パズルを使ってゆつくり丁寧に計算問題を解くことができました。

・風船バレー

「太陽のリハげんき」では
児童発達支援(0歳~未就学のお子様)

AM9:00~12:30(月~土)

放課後等デイサービス(小学1年生~)

学校終了~17:00

休校日 10:00~16:00

作業療法士・理学療法士・保育士が力を合わせ「一人ひとり」のお子様に必要な療育を行っております。
発達障がいのあるお子さまは早期に適切な療育を行うことがとても効果的で重要になります。

「太陽のリハげんき」では「個別療育の充実」「集団療育を通じて社会性の構築」をバランスよく組み合わせ取組んでいます。

「見学会・無料体験・相談会」開催中!
お気軽にご相談ください。

福岡県の療育は「太陽のリハげんき」たいようのりはげんき・太陽のりはげんき

送迎エリア:春日市・大野城市・大宰府市・那珂川・福岡市(南区・博多区※一部エリア)

■言葉が遅い ■発育が遅いと言われた ■集団行動が苦手■じっと話を聞いていられない ■友達と遊べない ■絵や図が描けない
■集中力が続かない ■すぐに怒る
お一人で悩まず私たちにご相談ください!お待ちしております。